羊水検査

羊水検査の実態

Now I’m having contractions.Now I’m having contractions. / premus

羊水検査というのは女性特有の検査といえます。

 

医師の指示で行われるのは、35歳以上での高齢出産をする場合や、それまでに生んだお子さんに染色体異常がある時です。

 

特に、高齢出産は、染色体異常がある子供が生まれてくる確率が高くなるという理由によるものです。

 

※染色体異常とは?
染色体の構造的な異常、あるいはそれに伴う障害のことです。

 

それ以外の場合は、一般的に医師は羊水検査をすることを積極的には勧めません。

 

その羊水検査をして貰いたい場合は、妊婦さんのほうから依頼しなければ行なってもらえません。

 

羊水とは羊膜の上皮細胞から分泌される無色透明の液体のことで、妊娠したお母さんのお腹の中で赤ちゃんを包みこむように満たして保護しています。

 

その羊水の検査をするということは、簡単に言うと母体の中の羊水を採取して赤ちゃんの染色体を調べるということです。

 

羊水検査は赤ちゃんの先天的異常の確認に役立ちます!

羊水検査をすることにより、生まれてくる赤ちゃんに染色体異常がないかどうかを確認することが可能となります。

 

なぜなら、羊水には胎児の代謝産物(細胞や尿など)を含むため、それらの情報を調べることで胎児の発育や先天疾患などの診断をすることができます。

 

この染色体異常には、遺伝的なものと染色体の数や構造によるものがありますが、羊水検査でわかるのは、先天性のものに限られます。

 

その場合でも残念ながら全ての染色体異常を羊水検査により事前に発見できるわけではありません。

 

気になる羊水検査の費用と結果について

いかなる場合にも羊水検査を受けるには、夫婦両方の同意が必要で、費用の方も全て自己負担となり約10万円の検査費用が必要となります。

 

このため、羊水検査を受けると決断した場合は、夫婦間でしっかりと話し合いをしておく必要があります。

 

高い検査費用もかかるし、それ以上に生まれてくる子供は夫婦両方で育ていかねばならないのですから、事前に話し合いをしっかりしておくことは非常に大事です。

 

なお、羊水検査をする最適な時期「妊娠14〜18週頃」です。その根拠となる理由は、安定期に入り羊水の量も多くなり、羊水検査によって大事な赤ちゃんを傷つける可能性が少なくなるためです。

 

また、羊水検査のために羊水を採取する時間は約15分と短時間で、入院する必要性もなく、検査当日には帰宅ができます。そして、約2〜3週間で羊水検査の結果がわかります。